Event is FINISHED

オープニングレセプション / Opening reception

「わたし」と「社会」のリ・デザイン展 EDAYA JOURNEY展 vol.2内イベント/ Special event during exhibition “Redesigning Relationships Between YOU and Yourself to Your Society”
Description
【Information in English will be followed after Japanese】

「わたし」と「社会」のリ・デザイン展 EDAYA JOURNEY展 vol.2 内イベント
→展覧会趣旨の詳細に関してはコチラをご覧ください。


2013年3月に第1回を開催したEDAYA JOURNEY展。失われつつある北ルソン山岳先住民族カリンガの竹楽器の今を、現地取材を通して切り取り、映像や写真にて発表しました。第2回目となる今回は、前回の展覧会から一歩深く踏み込んだカリンガの世界観を、日本の皆さまにご紹介するとともに、ご覧くださった方が、自らが生きる世の中のあり方(日本)と自分との関係性を見直すきっかけとなることを願って企画しています。テーマは、「わたし」と「社会」のリ・デザイン。年間3万人が孤独死で亡くなる国日本で、孤独死などなかなか起こりえない南の島の秘境カリンガに生きる人々の事例を紹介することが、「あなた」自身の社会への関係性の再考を問うことにつながるのではとの思いから、私たちなりの挑戦的な展示を予定しています。

そのオープニングを飾るのが、本レセプションパーティーです。
今回、日本初招聘となるEDAYAフィリピンスタッフWrynethを含む展覧会実行委員会メンバーによる挨拶にはじまり、フィリピンと日本の架け橋となり、音楽を通じ社会へ素晴らしい貢献をされている、ジャズ歌手CHARITOさん達による華やかなミュージックパフォーマンスが続きます。CHARITOさん率いる東京-マニラ・ジャズ&アーツフェスティバルでご一緒させていただいたご縁で、今回このような一晩限りのスペシャルジャズ企画が実現したことをとても嬉しく思っています。EDAYAのクラフトマン兼竹楽器音楽家エドガー氏との、ジャズ×カリンガ伝統竹楽器のコラボレーションも期待大です。

その後、TED×Tokyo等のフードも提供するシェフ高田大雅氏によるディナーを、様々な分野からお集まりくださった皆様とご歓談いただきながら、お楽しみいただきます。シェフならではの、フィリピンフュージョン料理もお楽しみいただく予定です。

たくさんのみなさまと、展覧会オープニングのお祝いのひとときを過ごせることを楽しみにしています。

【Musician プロフィール】
CHARITO(チャリート)/ ジャズシンガー 
日本のジャズ界にあって最も卓越したジャズヴォーカリスト。その歌唱力と表現力、そして芸術性はグローバルな存在として定着しつつある。イヴァン・リンスとの『ノン・ストップ・トゥ・ブラジル』(2004 年)、マンハッタン・ジャズ・オーケストラと共演した『ニカズ・ドリーム』(2006年)はいずれもスイングジャーナル誌の主催のジャズ・ディスク大賞ヴォーカル賞を受賞。 2008年にはフランス映画音楽界の巨匠ミシェル・ルグランとの『ウォッチ・ホワット・ハプンズ』をリリース。2010年7月にリリースしたのは、ハービー・メイソンのプロデュースによる『ヒール・ザ・ワールド~チャリート マイケル・ジャクソンを歌う~』。そして、2012年12月12日には待望の最新作タイムレスなラブ・バラードCD「Affair to Remember・めぐり逢い」がリリースされる予定。その一方で、非営利団体ビコーズ・ウィ・ケアを設立。音楽を通して日本とフィリピンの未来を担う子どもたちのために積極的なチャリティー活動を展開している。 http://www.charito.com/


永塚博之(ながつかひろゆき) / ウッドベース
1964年北海道出身。中学時代にエレキベースを始め、高校時代に友人とバンドを組みロック、フュージョンを演奏する。大学入学で上京し、エレキベースからウッドベースに転向しジャズベースを鈴木良雄氏に、クラッシクベースを松野茂氏に師事する。ジャズを中心にジャンルを問わず都内、横浜のライブハウスは勿論、レコーディング等のスタジオワークもこなす。 今迄の主な共演者: 山崎比呂志、林栄一、森順治、沖至、加藤崇之、松本健一、羽野昌二、Shoomy、三上寛、坂田明、豊住芳三郎、大沼志朗、板倉克征、河合拓始、ビリー・バング、ハン・ベニンク、フィル・ミントン、チェ・ソンベ、パク・チャンス、ブルース・アイゼンベイル、Elena netlenka belyaeva等の即興音楽家。今迄の主なサポート:沢田勝成(津軽三味線)、桑山哲也(アコーディオン)、新井栄一(ヴォーカル)等。


岩谷耕資郎(いわたにこうしろう)/ ギター
徳島県出身。10歳よりギターを始める。大阪芸術大学在学中よりジャズに目覚め、上京後 東海林由孝氏に指事。ジャズからワールド ミュージックま で幅広い分野で活動中。 「ROLAND PROFESSIONAL CD LIBRARY」より、「NATURE」「AMERICAN DREAM」「TIME AND SPACE」他を発表。そのほか BS JAPAN『ミッドライフTV』、NHK『エルムンド』等にTV出演。2009年、松下奈緒コンサートツアー〝pf〟全国ツアー参加。 また オランダの有名ジャズミュージシャンにより行われている「Dutch Jazz Summer School In Asia」の特別講師として韓国に招待され、マスタークラスを毎年担当している。韓国Arte TV「Jazz guitar 三国志」にて、Ed Verhoeff、 Youn Woo Parkらと共演。2014年 Ben van Dungen(ts) Groupに参加、アジアツアーを行う。また国内の数多くのTVCMの作曲や演奏、スタジオワークなども手がけている。国立音楽院ジャズギター講師。


EDGAR BANASAN (エドガー・バナサン)/ カリンガ伝統竹楽器
1971年フィリピン、ルソン島北部、カリンガ州バリン シャガウ村生まれのカリンガ族。伝統的に用いられてきた材料の1つ「竹」を軸に活動する 工芸家であり、竹楽器制作を得意とする音楽家でも ある。1993年、オーディションを勝ち抜きRamon Ubusan Folkloric Groupのヨーロッパツアーに同行。フランス、ドイツ、ベルギーなどで演奏をする。1998年、Grace Nonoのコンサートやアルバムに参画。これまでに「Ode to Mother Earth」「Fogga」の2枚のオリジナルあるバムをリリースしている。2010年より、EDAYAファウンダーとしても積極的に活動を行っている。


【Cheff プロフィール】

高田大雅(たかた たいが) 青山学院大学在学中より飲食店立上げ、料理長を務め、2012年フーディストリンク株式会社設立。ケータリングを中心に活動し、TEDxTokyoフードプロデュース、ニューヨーク・マンハッタンのホテルにてハロウィンパーティーケータリング、大使館やEDAYAなどで世界各国の料理提供などを行う。ソーシャル料理人として、食材や調味料は繋がりのある人から仕入れ、ストーリーのある料理を提供するスタイルにより、ソトコト『ロハスデザイン大賞』ノミネート。http://foodistlink.com/



☆開催概要☆
【日時】5月31日(日) 16時30分開場 17時~20時

【場所】六本木ストライプスペース 
http://striped-house.com/access.html

【定員】50名

【参加費】前売り:4500円(peatix経由、イベント前日まで発売) 当日:5000円 (現地払い)
※いずれもフード+2drinks付き
なお本イベントの参加費は、イベント開催に必要な経費を除いた分はすべて展覧会準備とフィリピンからの招聘費に充てられます。

【申込み】本peatixイベントページよりお申込み下さい。

【プログラム】
16:30 開場
17:00 イベント開始
17:00-17:30 挨拶
17:30-18:30 Music
18:30-19:30 食事タイム
20:00 イベント終了

【協力】東京-マニラ・ジャズ&アーツフェスティバル
本フェスティバルは、2012年よりフィリピン大使館とビコーズ・ウィー・ケアグループが共同で、日本とフィリピンの「文化」と「アーティスト」の交流を目的に開催しています。 同じ志を持ち国際的に活躍する音楽家たちが一堂に集まると同時に、若く才能にあふれるアーティストたちに、プロの音楽家と共に演奏する機会を提供しています。フェスティバルの収益の一部は、音楽教育や楽器、機材などに対する支援や提供を目的とした音楽奨学金として活用。第三回目となった2014年は東京とマニラで開催し、大成功を収めました。

---------------------------------------------------------------------------------------------------

OPENNING RECEPTION

Special event during exhibition “Redesigning Relationships Between YOU and Yourself to Your Society

The EDAYA JOURNEY Vol. 1 exhibition with its theme “Soul of Kalinga Music” was carried out last March 2013 where we introduced the reality of the vanishing art of Kalinga bamboo musical instruments retold by photos and videos gathered during the field research. For this next exhibit, a second edition of the EDAYA JOURNEY, we would like to bring you together to an experience of the deeper Kalinga, particularly the people’s way of thinking and how they live their lives, with the hope that it will serve as a motivation for you and your relationship to your society.

In Japan yearly, 30,000 people are dying a lonely death after being subjected to social isolation. We don’t think however that something like this is happening, or even close to, in societies like Kalinga. By knowing about the Kalinga stories, I hope to bring inspiration as well as pose a challenge to each and every one of us.

The following would be the information for our reception party during the exhibition:

The opening remarks would be coming from the EDAYA JOURNEY Committee. For this exhibit, we have invited two EDAYA staffs from the Philippines including Wryneth who is coming to Japan for the first time. This will shortly be followed by the special jazz performance showcasing the jazz singer CHARITO who has been a going her own way to contribute to the nurturing of the Japan-Philippine relationship through music. It was our pleasure to be able to continue our relationship with her after being a part of her “Tokyo-Manila Jazz & Arts Festival” event. This is going to be a one night special jazz episode which she will share with EDAYA’s own musician and craftman, Mr. Edgar Banasan.

An exceptional dinner would then be catered by a young but equally great chef Mr. Taiga Takata who has been a favourite in providing dinners during events like TEDxTOKYO. We hope a Japanese-Filipino fusion dinner would please you.

Please share and enjoy this special night with us.


MUSICIAN PROFILE

CHARITO/ Jazz Singer

One of the most prominent jazz vocalists in Japan, Charito has achieved global recognition with her voice, expression, and musical artistry. Her albums "Non Stop to Brazil" (2004) and "Nica's Dream" (2006) featured acclaimed works with Ivan Lins and the Manhattan Jazz Orchestra, respectively. Both albums have been awarded the grand prize in the Vocal category of the Jazz Disc Awards as hosted by the prestigious Japanese Jazz magazine Swing Journal. She also released the albums "Watch What Happens" (2008) in special collaboration with French movie maestro Michel Legrand and "Heal The World - Charito sings Michael Jackson" 2010, a collaboration with producer Harvey Mason. Her CD "Affair To Remember", a collection of timeless love ballads, was released last December 12, 2012. Aside from her professional and successful music career, Charito acts as the founder of nonprofit group, Because We Care, that is dedicated in spearheading and supporting various charity works focused on creating a better future for children in need in both Japan the Philippines. In 2012, she founded the Tokyo-Manila Jazz and Arts Festival (TMJAF) – the biggest assembly of Japanese and Filipino jazz artists to celebrate 80 years of music and cultural connections. For website, click: http://www.charito.com/

HIYOYUKI NAGATSUKA/ Wood bassist

Born in Hokkaido, Japan in 1964. Started playing base guitar from high school days and he learned from Jazz Basist Mr. Yoshio Suzuki during university time. After university, he started his career as professional musician. Now playing at Live music place at Yokohama and Tokyo.

KOSHIRO IWATANI/ Guitarist

EDGAR BANASAN/ Kalinga master of traditional bamboo musical instruments maker and player

A native of Kalinga who is born in Balinciagao, Kalinga in the Northern part of the Philipines in 1971. He specializes in bamboo which is a traditional material among the Kalingas. He is a craftsman and a musician who is exceptionally good in making traditional bamboo musical instruments. In 1993, he passed an audition for Ramon Ubusan Folkloric Group and went to Europe for a concert tour. He played in France, Germany, Belgium among others. He was also a back-up musician for Grace Nono’s concert and album in 1998. He also produced two CDs titled “Ode to Mother Earth” and “Fogga”. He started actively working as a founder of EDAYA from 2010.

CHEFF

Taiga Takata


Information

TIMELINE for event:

DateMay 31, Sunday Open at 16:30 Event time 17:0020:00

PlaceRoppongi Stripe’s Space 

http://striped-house.com/access.html

Capacity50people

Tickets Tickets (early reservation) :4500yen (inclusive of food & 2drinks)

Register through this page. http://edayajourney2-1.peatix.com/view

Tickets will also be sold on the event day: 5000yen (cash basis only) (inclusive of food & 2drinks)

Register at: http://edayajourney2-1.peatix.com/view

PROGRAM

16:30 Open House

17:00 Start of Event

17:00-17:30 Opening remarks

17:30-18:30 Music hour

18:30-19:30 Dinner

20:00 Disperse

CollaboratorTokyo-Manila Jazz&Arts Festival

This festival, in coordination with The Philippine Embassy in Japan and Because We Care group, focuses on the cultural exchange and artistic communication between Japan and the Philippines which is aimed towards the cultivation of young talented artists who will be given the opportunity to take part in the mainstream performances with professional musicians and artists. A big part of our goal is to create music scholarship funds, providing equipment and educational support. The program showcases an international camaraderie along with raising the promotion of musicality. In particular, jazz as the focused genre. We will be inviting artists and musicians from the Philippines, US and all over Japan to gather and perform on the same Tokyo stage.


Event Timeline
Sun May 31, 2015
5:00 PM - 8:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
前売りチケット(フード+2drinks付)/ Tickets (early reservation, inclusive of food & 2drinks) ¥4,500

On sale until May 30, 2015, 11:59:00 PM

Venue Address
東京都港区六本木5丁目10−33 ストライプハウスビル Japan
Organizer
EDAYA
54 Followers